リブトラストの評判や口コミなどを徹底調査

ブログ

こんにちは。
皆さんは、リブトラストという不動産投資会社をご存知ですか?
リブトラストは新築マンションや中古マンションをリノベーションし投資用に販売する不動産投資業を生業としている企業ですが、最近はこうした不動産投資の会社からマンションを購入して、安定した家賃収入を手に入れたいと考える人が増加傾向にあるそうです。

しかし、不動産投資会社の中には消費者の心につけこんで詐欺まがいの悪質行為をおこなう会社も存在しているので、不動産投資を検討する場合には会社選びは重要です。
そこで今日は、リブトラストの顧客・社員目線の評判や口コミ、事業内容などを調査し、リブトラストはどんな会社なのかを検証してみようと思います。

目次

リブトラストってどんな会社?

リブトラストの評判

リブトラストの会社概要

まずはリブトラストとはどんな事業をおこなっている会社なのか、実態を知るために基本となる会社概要を調べてみました。

【社名】株式会社リヴトラスト

【設立】 平成19年9月(2007年)

【資本金】 1,000万円

【代表者】 杉本一也

【住所】 〒106-0032 東京都港区六本木7丁目18-18 住友不動産六本木通ビル10F

株式会社リブトラスト公式サイト(会社概要)より引用

ふむふむ、正式名称は「株式会社リヴトラスト」で、「ブ」ではなく「ヴ」なのですね。
リブトラストは東京の六本木にあるようです。
六本木駅からも近い場所なので徒歩でのアクセスも便利ですね。
六本木といえば六本木ヒルズとかミッドタウンとか、オシャレでエグゼクティブな人が集う場所ってイメージがあるので、六本木にある会社っていうだけで、なんとなくしっかりした企業だという信頼感があります。

リヴトラストの代表者は杉本一也という方。
会社は2007年設立で、不動産会社にしては新しめな会社な印象ですが、不動産の売り上げは設立当初から右肩上がりで非常に好調なのだそう。
つまり、2007年からなので12年以上業績が伸び続けているということ。
これはすごいです。

リブトラストの理念

次にリヴトラストの理念を調べてみました。

リブトラストの理念は【生きるを活かす~a dream for life~】

リブトラストの理念

リブグループで不動産投資・資産活用|企業理念より引用

お客様にこれまで築き上げてきた資産を価値あるものとして活かせるようサポートがしたい、それによって人生を今まで以上に楽しんでいただきたいという思いが伝わってきます。

リブトラストの評判・口コミは良い?【顧客評価】

さて、会社の立地や不動産投資という事業内容から考えると売上が良く安定した企業のイメージのリブトラストですが、実際に物件を購入したことのあるお客さんからの評判はどうなのでしょうか?
ネット上にある顧客目線の評判、口コミを調べてみました。

リブトラストの営業担当は誠実で説明がわかりやすいと顧客に好評

まずはリブトラストの営業の接客対応について、評判・口コミを調べてみました。

f:id:disney-s2-duffy:20190411171905p:plain

不動産投資のミカタより引用

上記に掲載した口コミをみると、顧客目線からのリブトラストの担当営業の営業態度はなかなか高評価のようですね。
接客態度はもちろん、物件購入の流れや不動産投資についての説明など、紙の資料だけではなくデータを使った視覚的な説明も交えて話してくれるので、とても分かりやすいようです。

不動産投資をおこなう業者の中には、お客さんにどうにか不動産を購入させるためにメリットばかり説明する会社もあるようですが、リブトラストではデメリットなどリスクについても一から丁寧に説明しているというところに好感が持てます。

リヴトラストの取扱い物件の質は◎、資産価値が高い物件が多い

リブトラストは接客対応については良い評価でしたが、資産価値はどうでしょうか。
不動産投資において物件の質や立地の良さといった資産価値があるかどうかも重要です。次に、リブトラストで取り扱っている物件の質は良いかどうか、評判・口コミを調べてみました。

f:id:disney-s2-duffy:20190411172104p:plain

不動産投資のミカタより引用

物件の質について詳しく書かれたこちらの口コミを見ると、リブトラストが取り扱っている物件には、人気の駅近にもかかわらず家賃設定がそこまで高額ではない優良物件が多くあるようですね。
これだけでもリブトラストの物件は資産価値が高いものといえるでしょう。
駅から近く、部屋の中はリノベーションされて新築のように綺麗な物件が多いこともあって、退去が出てすぐに次の入居者が決まりやすいことも資産価値が高くなる要因です。

電車通勤が主流な都心はやっぱりアパートやマンションを借りる上で駅から徒歩10分圏内にあることは、人気の条件ですしね!
徒歩10分以上の物件だと、急にがくんと人気が落ちると、前テレビかなんかでやってました。

この口コミを投稿した人も、長期的に見ればかなり資産価値の高い建物を購入できたと満足しているようです。すごい…。

不動産投資の場合は、とにかく空き部屋の期間を作らないことがオーナーにとって得になります。
また、後々売却する時も値段が極端に下がらないような物件かつ駅近で空きができにくい物件というのは、まさに不動産投資する人にとっては理想を体現したものではないでしょうか。

リブトラストではこのような資産価値の高い物件をたくさん取り扱っているので、安心して投資マンションを購入できそうですね。

リブトラストは家賃補助を始めとしたアフターフォローや管理力が良好

最後はリブトラストで実際に投資用マンションを購入した後のアフターフォローについての評判、口コミをご紹介します。

f:id:disney-s2-duffy:20190411172137p:plain

不動産投資のミカタより引用

なんとリブトラストで不動産を購入した物件は、入居者がいない期間も家賃保証をしてくれるとのこと!
これは資産運用で生計を経てている人達にとっては神対応といってもいいかもしれません。
なにせ空室で家賃収入が入らないと、ローンの支払いを家賃収入で相殺している人にとってはきついですからね。
下手をしたらせっかく購入した物件を維持できなくなってしまいますし…

また、約11年ごと大型改修工事というマンションの共有部分の修繕工事が行われるのですが、そちらも負担0と言うマンションも中にはあるようです。
たしかマンションって外装とか共有部分を直す時すごくお金がかかるって聞くので、お金を負担しなくていいってのはマンション選びの上で大きいですよね。

リブトラストは営業の対応、物件の質や数もアフターフォローも良い不動産会社

リブトラストのネット上の評判・口コミの結果をまとめると、リブトラストは質の高い接客サービスや商品提供などをおこなっている会社だと言えるのではないでしょうか。

空室の時にも家賃を保障してくれるっていうところが良いですよね。
リブトラストの投資用中古マンションは駅に近い物件も多いし、リノベーション済みなので、築年数が古くても入居者が途切れなそうではあるのですが、それでも万が一ということもありますし。

リブトラストの評判・口コミはどう?【社員側の評価】

顧客目線ではリブトラストは好評な口コミが多く見られましたが、リブトラストで実際に働いている社員目線ではどうでしょうか?
転職サイトに掲載された、リブトラストの社員側の評判をまとめてみました。

就活生にとってはお客さんよりも実際に働く社員からの評判の方が気になりますからね、早速見ていきましょう。

リブトラストの社員の口コミ

f:id:disney-s2-duffy:20190515122923p:plain
f:id:disney-s2-duffy:20190515122938p:plain
f:id:disney-s2-duffy:20190515122955p:plain

Vorkersより引用

転職サイトVorkersの評判によると、リヴトラストには「結果が全て」「結果にコミットする体制」といった、結果を重視する傾向にあることが書かれた評判が多く見られたことから、実力主義の会社ということが伺えます。
結果が出なければその分厳しい評価を受けることもありますが、逆を言えば、結果をだせれば歩合も出るし、役職が上がるなど、適正に評価されるので、若い人でも実力があればどんどん昇進することができる環境ということで、社員からの評判は良いものが多いですね。

年功序列の会社と違って自分を正当に評価してくれるということで、入社して間もない人や年齢が若い人もモチベーションが保てそうです。

資産運用の知識も身に着けることができるので、キャリアアップする際に役立ちそうという意見もありました。

また、これは働く女性にとって非常に重要なことですが、リブトラストはリブトラストはいい意味で男女差がなく、居心地がいいようです。
営業って男性優位の会社があったり、女性営業を特別扱いする会社がまだまだ多いと聞いたことがあるので、女性だからとお茶くみやコピーなどの簡単な仕事ばかり振られたり、役職につけない
一方で、女性特有の病気の際はちゃんと通院させてくれる配慮もあるなど、女性でも働きやすい職場なのは営業職志望の女性にとってポイント高いですよね。

リブトラストのセミナーの評判はどう?

リヴトラストでは参加費無料で資産運用・不動産経営に役立つセミナーを開催しているようです。セミナーの評判が気になったので調べてみました。

リブトラストのセミナーの評判口コミ

不動産投資のミカタより引用

調べたところ残念ながら口コミが1件ということで比較することができませんでした.

ただ、見つけた口コミの内容によると、リブトラストの運用方法にやや疑問点があるようでしたが、他社との差別化をしっかり意識しているとのことだったので、悪くはなさそうです。
また、平日の夜の割に参加者が多かったそうです。
評判が良くないところにわざわざ平日の夜に参加しようとはならないと思うので、評判は良い方なのではないかと思いました!

セミナー情報

新型コロナウイルスの影響もあってしばらくセミナーは開催されていなかったようなのですが、4月後半から自宅で受講できるWEBセミナーを行っているようです。

セミナーの内容は主に恵比寿の「白金長者丸」で区分マンションを経営するといった内容で不動産投資のリスクやメリットについての説明を行ったのち、実際にシュミレーションするといったものだそう。

また、各回の定員は5名と少人数制となっており、自宅にPCやタブレット、スマートフォンがあれば参加することができます。
そしてありがたいことに参加費は無料と記載されていました。

公式ホームページを見てみると一番新しいセミナー情報は2020年7月12日(日)の回ですでに終了しており、先の予定はまだ発表されていませんでした。
今後のセミナー情報については随時更新されると思うので、要チェックですね。

【担当講師情報】
担当講師は小林慎吾さんと岡本光央さんのお二人。
小林慎吾さんは、資産運用のスペシャリストです。
海外投資や保険など幅広く投資の知識を持ちながら、営業部の現場でも第一線を走り続けています。
多様なライフスタイルやポートフォリオに合わせた不動産投資や運用の提案が得意としています。

一方で岡本光央さんは、不動産のほかに有価証券や保険も自身の資産形成に活用していて、リアリティのある提案をしてくれるそうです。
不動産に関する様々な情報を岡本さんなりに面白く配信するニコニコチャンネル「不動産天国」で元気な営業マンとして登場しています。

ちなみに「不動産天国」は2020年3月末で最終回を迎えたそうです。
セミナー以外にも個別面談も行っているので、希望される方はセミナーとは別に事前の申し込みした方が良いですね。

リブトラストは悪質な商法をしてない?

不動産投資会社の中には悪質な商法で契約するような業者もあるという話を耳にしたので、気になって調べてみました。

リブトラストには悪質な商法の事実はない

悪質な商法というのは、「デート商法」などのことです。
デート商法とは、相手の恋愛感情を利用して高額な商品やサービスを契約させる商法で、数ある不動産投資会社の中にはデート商法で不当にマンション契約をさせる悪質業者もいるらしいとのこと。

結論から言うと、リブトラストがデート商法をしているという事実は出てきませんでした
リブトラストはデート商法で不動産契約させるようなことはしないようなので、一安心です。

ところで、デート商法について調べたところ、以下の記事が気になりました。

toyokeizai.net

この記事によると、スルガ銀行の男性行員が不動産投資会社の女性社員にデート商法で騙されて粗悪なマンションのワンルームを買わされたのだとか。
異性のターゲットとデートして言葉巧みに誘導しながら自社の不動産を売りつけるなんて悪質にも程がありますよね…。
順風満帆に出世街道を走っているエリート社員が、こんなに簡単に騙されるなんて恐ろしい世の中だ…。

しかも最近は婚活サイトや出会い系サイトなどの出会いを求める場を悪用して、参加者を装って相手を不動産投資のデート商法に誘う悪質業者も増えているようなので、婚活パーティなどに参加される方は注意が必要ですね。
パートナーを求めて真剣な想いで参加する人たちを食い物にするなんて許せない話です。
ちなみに男性ターゲットだけでなく女性がターゲットになる場合もあるので、女性の皆さんも安心しないようにしてください!

口コミや評判を見る限り、質の高い物件を取り扱っているリブトラストにはデート商法の事実はなさそうですが、悪質な不動産投資会社では実際に起こっている事実があるので、くれぐれも不動産投資会社を選ぶ際は慎重に選ぶことをおすすめします。

リブトラストの事業は不動産中心!住宅ローンの相談もOK

公式サイトでリブトラストの事業内容を調べてみたところ、

1.不動産の売買、賃貸及びその仲介

2.損害保険の代理店業務

3.生命保険の募集に関する業務

4.前各号に付帯する一切の業務

の4つの事業内容が書いてありました。

リブトラストでは、不動産の売買や賃貸住宅の仲介業務はもちろんですが、顧客の住宅ローンや資産運用の相談にも乗ってくれるようです。

これ、いいですよね!
不動産を購入する時ってほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、なかなか将来を見据えて返済計画を立てるのって自分達だけだと難しいと思うんですよ。

だからこそ、不動産の仲介をしてくれる会社自体が、不動産を購入した際にどのような住宅ローンを組めばいいかなどのライフプランの相談にも乗ってくれるのはとても助かります。

あと、住宅ローンを組む時って生命保険の見直し時とも言えるので、不動産購入と一緒に保険の見直しもできるのは大きなメリットだと思います!

リブトラストはリブグループの会社の一つ

リブトラストは、リブグループという不動産デベロップメントなどをおこなう会社の一つです。

リブグループの会社を下記にまとめてみました。

なんと計9つも会社があるんですね!
グループ会社は一部を除いて基本的に「リブ」が付くようです。
こんなにいろんなグループ会社があるなんてすごいですね。

各会社の詳しい説明は、下のリブグループの公式サイトに載っています。

www.liv-group.co.jp

リヴグループの代表者とはどんな人物

9つものグループを取りまとめるリヴグループの代表者とは一体どんな人物なのでしょうか。気になったので少し調べてみました。

代表取締役社長の名前は「福元 恒徳」というらしく、出身地は沖縄県ということがわかりました。
また、リヴグループの公式ホームページでは福元社長のリヴグループ設立から今後の展望についての思いが記載されています。

リヴグループは、平成15年2月に不動産物件の開発・販売・管理を通して、お客様の豊かな実りある人生の資産形成をサポートさせていただくことを使命とし設立いたしました。
以来、私たちリヴグループは長年にわたり、総合不動産企業としての実績を重ね、成長して参りました。
不動産開発・分譲から不動産管理や仲介、リノベーション、資産運用、投資まで、お客様それぞれのニーズやライフスタイルにきめ細かくお応えする一方で、大切な資産価値をより高めるための「新しい価値の創出」を常に目指しております。

引用:リヴグループで不動産投資・資産活用|代表者メッセージ

さらに、福元社長は日本のみでなく世界を視野に入れているそうです。
現状にとどまらずチャレンジし続ける企業ってかっこいいなと思いました!

リブトラスト以外のリブグループの事業は?不動産関連業が多め

たくさんの会社に分かれているリブグループですが、大きく分けると以下の7つの事業をおこなっています。

1 不動産デベロップメント

都市の開発や再開発に関わる事業

2 不動産エージェンシー

不動産売買の取引仲介、賃貸に関わる代行業務など

3 不動産リノベーション

不動産の資産価値を高めるリノベーション事業

4 アセットマネジメント

投資用マンションの売買や資産運用のアドバイスなどをおこない、お客様に無理のないライフプランをおすすめする業務

5 住宅企画・開発分譲事業

心地よく暮らせる分譲マンションなどを提供

6 都市型ホテル運営

高いホスピタリティとくつろぎを提供するホテル事業

7 放課後デイサービス事業、児童発達支援事業

発達に心配なお子様や障害をお持ちのお子様をサポート

事業内容は、リブトラスト同様、不動産に関わるものが多い傾向にありますね。
不動産の販売はもちろん、リノベーション、資産運用のアドバイスなども同じグループ内でやっているようです。
また、株式会社リブホテルでは神保町に「SAKUREN」という、土地柄を活かしたレトロモダンな装いのホテルを運用しており、ワンランク上のホスピタリティの提供をおこなっています。

また、リブグループでは不動産関連以外に子供の発達支援業もこなっています。
株式会社Lankuunoが携わっている事業で、発達に心配のある子供や障害のある子供に対して、未就学児には児童発達支援、就学期の子供には放課後デイサービスを提供することで療育をおこなっています。

今は発達障害の理解が昔よりは進んだとはいえ、発達障害は身体障害や知的障害とは違って親や周りの人から障害と受け入れられにくい傾向にあります。
発達に問題のある子供たちには早いうちから療育を開始することが非常に重要なのですが、療育が遅れ気が付いた時には普通の生活を送るのが困難になってしまう子供たちが日本にはたくさんいます。
外国と比べ日本は発達障害に関する認識が弱く、十分なサポートをおこなえる機関が少ないのが現状。

リブグループみたいに力を入れる企業がもっとあれば発達が心配な子供たちが生きやすい世界になるのになあ~。

リブトラストの採用情報は?募集職種や福利厚生など

リブトラストの採用情報を調べたところ、リブトラストの採用ページの他に、2021年のマイナビページを発見しました。
リヴグループでは現在、リブトラストの他にリヴビルディングでも募集しているようです。

募集分野は営業!顧客とのつながりを大切にする仕事

現在、リブトラストでは、

リレーション営業(ライフアドバイザー)と賃貸管理営業の二つの職種を募集しています。

リレーション営業では、投資用ワンルームマンションの提案や資産運用のサポート、コンサルティングを行うようです。
ただ投資用マンションの購入を売ったら終わりではなく、顧客が将来うまく資産運用ができるように相談にのったり、サポートしていくことも求められる仕事のようです。
お客さんの将来に関わることですから、とても責任重大ですね。

賃貸管理営業は、リブグループが所有する賃貸物件の仕入れを主におこなうようです。
こっちは不動産物件を持っている人へ交渉したりするのかな?

休日は毎週日曜日が基本!GW、夏季、冬季休暇あり

リブトラストは基本毎週日曜日(祝日も含む)が休みで、月5~8日休みのようです。
休暇はGWは8日、夏季は8日、年末年始7日で、それに加えて有給、慶弔、看護休暇があります。

充実した福利厚生・コンテスト旅行でハワイ旅行も!

リブトラストは福利厚生も充実しています。
各種社会保険に加え、都心にワンルームマンション完備!しかも家賃2万円補助してくれるので、住居費は安くおさえられそうですね。

また、コンテスト旅行ということで、ハワイ・グアムに行けるチャンスもあるのだとか。
他にも、インフルエンザの予防接種代を負担してくれたりとか、ベネフィット加入してたりとか、いろいろ太っ腹です。
こんな福利厚生に恵まれた会社に入ったら、転職なんて考えられないですね笑

昇給も3ヶ月ごとの短いスパンで査定があるようですし、リブトラストに入ったら、実力をつければどんどん評価してもらえそうです。

そうそう、会社自体は良く見えても、実際入社したらどんな生活になるのかわからなくて不安という人もいると思いますが、そういう人は、公式サイトの採用ページにある、「入社後1年の流れ」を見てみるといいですよ~。

なんとなく入社後のイメージがつかめると思います。リンク下に貼っておきますね!

recruit.liv-group.co.jp

リブトラストの月収や年収は?

リブトラストの採用情報を調べていたら月収や年収についても気になってきちゃったので調べてみました。2021年のマイナビページによると、2019年の給与実績が

固定残業代を含めて月給280,000円+歩合
※固定残業代75時間分(75,665円)

研修期間は月給240,000円(2か月間、延長の可能性あり)
※基本給150,400円+営業手当+職務手当+業務手当
※営業手当(75,665円)
※職務手当(8,760円)
※業務手当(5,175円)

だそうです。
また、2020年の4月から改定されて月給330,000円となるみたいです。
※基本給214,000円
※固定残業代75時間分(115,628円)

給与改定されなくても他の企業より金額が高いと思いましたが、さらに上がるなんてすごいですよね。
また、年収についてはこのような口コミが見受けられました。

リブトラスト年収
リブトラスト年収

openworkより引用

大体新卒3年目での年収が500~800万円という感じですかね。口コミを見る限りだとこの年齢にしてこの年収はだいぶ良いと思います。振り幅が広いのは頑張りしだいで変わってくるからみたいだったので、モチベーションが上がって良いと思います。

結論 リブトラストは優良企業!質の高い物件と丁寧な接客が高評価の不動産投資会社

今日はリブトラストの評判などについていろいろ調べてみましたが、いかがでしたか?
不動産投資会社というと、やばいとか胡散臭いとかそんな印象を持っていたのですが、リブトラストは物件の質・接客・アフターフォローのどれも評判が高く、優良企業であるということが言えます。

個人的に、リブトラストは、不動産投資だけじゃなく、住宅ローンやライフプランの相談も同時にできる会社というところにとても魅力を感じています。

自分ももっと将来のことを深く考えてみようと反省しました。それでは。