求人サイト(転職サイト)と評判DBの違い|転職活動を成功させるには「評判」が重要⁉

ブログ

こんにちは。
今年の夏はとにかく暑すぎる…
猛暑すぎてご飯よりアイス中心の食生活で不健康になりつつある僕です。

そうそう、家でのリモートワーク期間が長すぎて在宅の仕事に転職しようかと本気で悩み、求人サイト(転職サイト)を色々見ていた時に「評判DB」という名の聞いたことない求人サイト?評判サイト?を見つけたんだけども
どうやら評判DBはAI技術を活用して企業の評判を分析するシステムらしく
ニュースやSNSなど様々な観点からの評判が分かるのでちょっと面白そうなんです。

求職者は、評判をチェックして良いと思った企業へそのまま求人応募することができるようなので、凄く便利なサイトな予感がしてます。

今回は、求人サイト(転職サイト)としても評判サイトとしても活用できる評判DBについてもっと深堀りしていきたいと思います。
また、今ある求人サイト(転職サイト)との違いについても調べてみました。

評判DBとはどんなサービスを提供している企業なのか

評判DBはどんなサービスを提供しているのだろうか?
評判DBが何者なのか、まずは会社概要からまとめてみた。

<評判DBの会社概要>

会社名:評判DB株式会社
設立:2020年1月
資本金:10,000,000円
代表取締役社長:高橋 信英
顧問:佐藤 義清
所在地:東京都千代田区六番町6-4 LH番町スクエア5F
事業内容:インターネットメディアの企画・開発・運営事業、人工知能(AI)の開発・研究
情報元:Google、会社四季報
評判DB公式サイト:https://hyouban-db.com/

AI技術を活用した日本最大級の「企業の評判評価プラットフォーム」
インターネット上に存在する口コミやニュースなどの様々な情報をランダムに収集し、AI技術を駆使して公平公正な評価付けを行っています。 評価は「社会貢献度・従業員満足度・顧客満足度・企業の安定性・企業の成長性」の5つの指標に分類し、企業の評価スコアとして提供しています。

AIによる自動判定システムとスコアリングシステムの組み合わせによる評価
収集された情報のネガティブ、ポジティブ判定を感情分析AI技術にて判定します。
AIによって導き出された判定結果を独自のスコアリングと紐付けて評価を算出することで、人工的な点数操作や情報操作のない公平かつ公正な評価を行います。

引用:評判DB公式HP「評判DBについて」

評判DBは、その企業に関するあらゆる評判・口コミ・ニュース等をネット上から拾い集め、評価(ランキング)付けを行っている企業の評判サイトだ。
ネット上から拾い集めた企業の評判は、AI技術を用いて「ネガティブ」「ニュートラル」「ポジティブ」に振り分け『社会貢献度・従業員満足度・顧客満足度・企業の安定性・企業の成長性』の5つの指標に分類していくようです。

この、感情分析AI技術により振り分けられた判定結果は人工的な操作のない公平公正な評価付けができるとあって“本当の企業の姿”が見えるようになる仕組みになっていることが分かります。

評判DBは企業からの情報提供も可能になった前例のない評判サイト!

ネット情報だけに偏らないユーザーと企業の双方からの情報を提供
ネット上にある口コミやニュースなどのユーザーからの情報のみでなく、企業からの情報発信の場を設けることで、一定方向の視点や評価に偏ることのない双方向的な情報提供を行います。
評価を双方向からの情報をもとに行うことで、より正確な企業の姿を知ることができます。

また、開示情報には更新頻度の細かさを「更新ランク」として設け、最新情報の提供を行っている企業を明らかにします。更新ランクが、情報の新鮮度や企業信頼性の指標となります。

引用:評判DB公式HP「評判DBについて」

評判DBは、ネット上にある企業の評判(口コミ)だけを軸として評価しているわけではなく
企業側からの情報発信の場を設けたことにより、一定方向の視点から生まれる“不公平な評価付け”にならないような仕組みになっていることが分かりました。

たしかに、これまで僕たちが見てきた評判サイトは、退職者の書き込みが多かったためにどうしても企業には不利でネガティブな口コミが目立つイメージでした。
さらに事実かどうか分からない嘘の口コミでも簡単に書き込めるようになっていて、企業の評判を調べにいってもそういった一定方向目線でしかない評判サイトなら、もはや今後見る意味もないような気がしますね。

評判DBのように、「企業」と「ユーザー」その双方の情報が相俟ってる評判サイトはこれまでにもあるようでない、全く新しい仕組みなので今後もさらに評価されるのではないかと思います。

企業側は何を発信できる?

◆企業管理者登録をするメリットについて
各企業の人事担当者様が登録をしていただくことで、自社の情報を更新・投稿することができ、詳しい社内情報やアピールポイントなどを発信することができます。
求職者が知りたい、求職者に伝えたい、働き方改革の具体的な内容、福利厚生や社内イベント情報、自社が求める求人などを好きなタイミングで好きなだけを発信していただくことができます。

引用:PRTIMES「AIによる企業評価サイト「評判DB」」

企業側は、無料の会員登録をすることで最新の社内情報や求職者にアピールしたい働き方改革の内容、福利厚生などの情報を自由に発信できるとある。
これだけ自社の情報がアピールできて無料ときたら、活用しない手はないだろう。

評判DBの新規企業登録(無料)ページ
⇒【https://hyouban-db.com/admin_company/regist/

求人サイト(転職サイト)と評判DBの違いとは?

さて、AI技術を活用した評判サイトの評判DBと普通の求人サイト(転職サイト)にはどのような違いがあるのだろうか。

企業ページを良く見ると『求人を見る』ボタンがあり、株式会社ローソンの公式採用情報ページへとリンクされていることが分かった。


例としてローソンの企業ページを添付したが他の企業にも求人ページが設定されていてマイナビリクナビへリンクされている企業もあり、すぐに求人応募ができる仕様になっている。

つまり、この“評判サイト且つ求人サイト”というのが評判DBと普通の求人サイト(転職サイト)との大きな違いとなるということ。

普通の求人サイト(転職サイト)は、求人情報を見た求職者が条件を見て判断し、興味がわけば応募、面接の手続きをする仕組みに対し、評判DBでは企業の評判をじっくり見たうえで応募できるので
面接後や入社後に起こる「思ってたのと違う…」という企業との相違も起きにくいことが考えられる。

応募する前の段階から、社内詳しい情報(働き方改革や福利厚生、アピールポイントなど)を一括して把握することができる評判DBを活用すればスマートな転職活動になりそうだ。