植毛の仕組みとメリット・デメリット!自毛植毛と人工毛植毛の違いなど

自毛植毛のこと

今回は、自毛植毛の仕組みや手術方法、メリット・デメリットについて書いていこうと思います。

現代では、日本人の3人に1人がAGA(男性型脱毛症)を発症しているといわれています。
AGAを長期間放置してしまうと次第に髪の毛を生成する毛根の毛母細胞が死んでしまいます。
そのため、日本で主流となっている投薬治療では改善することができません。
そんな中、自分の髪の毛を活かす「自毛植毛」は、技術の進歩とともにリスクの少ない薄毛の治療方法として注目を集めています。

薄毛の髪の悩みを抱えている方にとって、どう向き合うかは人それぞれですが、何とかしたいと思う気持ちは同じことでしょう。
いざカツラの装着や薄毛治療薬の服用などの薄毛対策を考えても、メンテナンスの煩わしさや薬の副作用が心配で、なかなか踏ん切りがつかない方も多いはずです。

薄毛でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

植毛の仕組み

ではまず、植毛とはどのような仕組みで行われるのでしょうか。
植毛とひとくくりに言っても、自分の後頭部や側頭部の毛髪を移植する「自毛植毛」と合成繊維で作られた毛髪を移植する「人工毛植毛」の2種類に大別されます。

ここでは、自毛植毛と人工毛植毛の仕組みについて説明します。

自毛植毛の仕組み

「自毛植毛」とは、後頭部や側頭部に生えるAGAの影響を受けにくい強い毛髪(毛包組織)を採取し、薄毛になっている部分に移植する手術をいいます。
毛包とは、毛根を包み込み保護している組織のことです。
毛包
画像引用:発毛Web

自毛植毛は、毛包ごとに移植するため、移植後もAGAの影響を受けにくい性質を保持したまま自然に生え変わり続けてくれるのです。

「自毛植毛」の施術方法も大きく進化しており、従来の頭皮を切り取り、薄毛部分に移植する「FUT法」から、自分の頭皮からドナー株を毛包ごとに採取して移植する「FUE法」が現在の主流となっています。
「FUE法」は従来の「FUT法」を改良した施術方法であり、手術時間の短縮や身体的・心理的な負担が少ない点が大きな特徴です。また、一回の施術で植毛できる株数も従来は1200~1500、条件次第では3000~3500まで可能となりました。

「FUE法」はメスを使用しないため、術後の縫合や抜糸が不要で術後の傷の目立ちにくさにも人気があります。
自分の毛髪を引っ越しさせるだけなので、術後の拒絶反応の心配もなく、自然に毛髪が生える安全性の高い薄毛治療方法として注目されているのです。

人工毛植毛の仕組み

「人工毛植毛」とは、ナイロンやポリエステルで作られた人工毛を植毛する手術です。
合成化学繊維で作られた毛といっても、安物のカツラみたいなテカテカとした明らかに偽物とわかる毛ではなく、本物の毛髪としっかり馴染むほど自然な仕上がりになっています。
また、カラーバリエーションも豊富で自分の髪色に近づけることも可能です。

人工毛の植毛手術は、「ニードル法」といわれる特殊な植毛針を使って、人工毛を1本ずつ頭皮に植毛していく方法がポピュラーなようです。
他には、頭皮にメスで切れ目を入れた部分に人工毛を移植する「FUT法」と、パンチで頭皮に穴を開けた部分に人工毛を移植する「FUE法」という手術方法もあります。

自毛植毛と違い、人工毛植毛は一度に植毛できる本数やドナーの状態に左右されないため、AGAが進行してドナーの採取が難しい人でも移植可能な点が特徴です。

しかし、人工毛は、体が異物だと認識して追い出そうとするので抜けやすくなっており、それを抜けにくくするために、通常の毛根がある位置よりも深い部分に植え込まなければなりません。
そのため、切れ毛が皮膚に埋もれて残ってしまい感染症や血流が悪くなってしまうなどのリスクが伴います。アメリカでは問題のある治療方法と判断され、禁止されているそうです。

また、人工毛は一度抜け落ちるとそこから髪が生えてくることはないため、抜けた部分が気になる場合は抜け落ちる度に施術をおこなわなければなりません。
繰り返し施術をおこなうと頭皮が痛み、他の髪への影響も懸念されるので避けたいところです。
費用も施術した回数分かかるため、一度の施術のみでOKな自毛植毛と比べ、最終的に高額になってしまうケースも多々あります。

自毛植毛のメリット

では、「人工毛植毛」と比較した「自毛植毛」のメリットについて解説します。

自毛植毛の最大のメリットは、ドナー優勢により半永久的に毛が生えること

自毛植毛をする一番のメリットはおそらく、植毛後の部位に半永久的に毛が生えることでしょう。

自毛植毛はAGA(男性型脱毛症)の影響を受けていない、自身の元気な毛根の付いた髪の毛をドナーとして移植します。
これを「ドナー優性」と呼びます。

男性ホルモンの影響が原因といわれているAGAでは、主に前頭部・頭頂部の毛が薄くなりやすい特徴があります。
その薄くなってきている部分に、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を移植するのが、自毛植毛です。

この移植した毛髪には前頭部や頭頂部でも男性を受けにくいという特性があるため、自分の毛髪が何度も生え変わる自毛を活かした唯一の薄毛治療法であると言えます。
また、自毛を使用しているため移植した頭皮に自然に馴染み、拒絶反応や後遺症の心配がないこともメリットと言えるでしょう。

自毛植毛は完全に毛根が消失した部分にも髪を生やすことができる

自毛植毛は健康な毛根の皮膚組織を移植するため、完全にハゲてしまった部分にも髪の毛を定着させることができます。
AGAが理由でハゲてしまった人だけではなく、事故などの外傷で毛根が消失してしまった部分にも髪の毛を定着することが可能で、髪の毛が定着すれば他の部分と同じように成長させることができます。

自毛植毛はメンテナンスやランニングコストがかからない

人工毛植毛も自毛植毛も術後の定着率は90%を超えると言われますが、人工毛植毛では2~6年で抜けてしまうのに対して、自毛植毛はハゲることもなく、何度でも生え変わるため、一生涯にわたりメンテナンスやランニングコストは不要です。
何よりも違和感のない自然な髪の毛の仕上がりが大きなメリットと言えるでしょう。

自毛植毛を行った毛包は永久的に生え続ける

自毛植毛は毛の定着率が高く、移植した毛が定着さえすれば永久的に生え続けていきます。
毛根が死んでいる部分に自分の元気な毛包を移植するため、定着すると発毛の周期を取り戻すのです。

ただし、移植は時間が勝負なので、経験が豊富な医師がいるクリニックを選ぶと良いでしょう。

FUE法で行う自毛植毛のメリットは翌日から洗髪可能だということ

FUE法での植毛手術は入院する必要がありません。
また、メスも使用しないので傷も目立たず、植毛部分のかさぶたも一時的なものなので手術の翌日から洗髪することができます。

とはいえ、手術した翌日から洗髪していいと言われても自分でどう髪を洗ったらいいかわからなくて怖いという人も多いようです。
クリニックによっては、専門のスタッフによる手術翌日の洗髪を実施しているクリニックもありますので、もし術後の洗髪が心配なら、そういったサービスをおこなっているクリニックを探すと良いでしょう。

自毛植毛後の仕上がりには違和感がない点もメリット

自身の髪を移植しているため、仕上がりが自然です。
人工毛植毛の場合、合成繊維の色が自身の髪の色と合わず、不自然な仕上がりになることもあります。

移植した髪が定着してからは、カラーやパーマをすることも可能なため、より一層自然な仕上がりを実感できるでしょう。

自毛植毛のデメリット

前述の通り、メリットの多い「自毛植毛」ですが、デメリットがない訳ではありません。

手術費用が高額になってしまう点が自毛植毛のデメリット

「自毛植毛」は、定着率も高く、メンテナンスやランニングコストの面で有利ながら、ドナーとなる前頭部や頭頂部からの毛髪を移植する外科手術であるため、手術費用が高額になる点はデメリットととして挙げられます。

自毛植毛の手術中は座りっぱなし、術後にかゆみ・赤みが出ることも

必要なグラフトと呼ばれる自毛の採取から手術完了まで、1500株の移植手術を行うのに概ね3~4時間程かかります。
術中はずっと椅子に座った姿勢を取るので、人によってはお尻が痛くなる場合もあります。
加えて、術後は施術方法や植毛本数、個々によって差がありますが、2~3日間はまぶたが腫れたり、傷のかゆみや赤みが出る場合があります。

FUT法で自毛植毛するとダウンタイムが必要なのはデメリットの一つ

FUT法で自毛植毛を行った場合、痛みが回復するまで一週間ほどのダウンタイムと呼ばれる期間を要します。
この期間は洗髪することができません。
これもデメリットといえます。

自毛植毛で移植した髪が伸びるまでに時間がかかる点もデメリット

移植をしたからといって、すぐに髪が伸びるわけではありません。
移植する部分を刈り上げて毛包を採取、移植するため、短い髪を植えることになります。

その短い髪は一度抜けて、新しい髪が生えてから十分な長さになるまでにはおよそ1年かかるのです。

後頭部の刈り上げが必要なことも自毛植毛のデメリットである

毛包を正確に採取するために、ドナー部分の後頭部を刈り上げなければいけません。
長髪であればあまり目立つことはありませんが、短髪の場合は気になるようであれば帽子などで隠すことになります。

しかし、刈り上げずに毛包を採取できる手術を行っているクリニックもあるので、刈り上げたくない方は刈り上げない手術を行っているクリニックを探しましょう。

人工毛植毛のメリット

続いて、自毛植毛に対して人工毛植毛のメリットを説明します。

最大のメリットは手術費用が安く抑えられること

人工毛植毛はあらかじめ用意されたナイロンやポリエステルで作られた人工毛を使用するため、ドナー採取の必要もなく、総じて自毛植毛よりも手間がかからず、手術費が安い点がメリットとして挙げられます。

人工毛植毛は広範囲の植毛ができる

ま自毛植毛では前頭部や頭頂部からドナーとなる髪の毛を採取しますが、人工毛植毛では採取する必要がないため、より広範囲の植毛が可能となります。
そのため、術後すぐに増毛が実感できる点は大きなメリットといえるでしょう。

即効性が高いことも人工毛植毛のメリットの一つ

人工毛の場合、すぐに効果を実感することができます。
自毛植毛のように髪が伸びるまでの時間がかからず、すぐに髪を増やすことが可能です。

また、希望の長さやカラー、髪の細さを選んで植毛ができるため、自由自在のヘアスタイルにできるという魅力もあります。

人工毛植毛のデメリット

一方で、人工毛植毛にもデメリットが存在します。

時間が経過すると抜けてしまう点は人工毛植毛の大きなデメリット

手術費用が安価で定着率も90%以上の人工毛植毛ですが、人工毛は2~6年が寿命といわれています。
そのため、時間が経過すると植毛した人工毛は抜けていってしまうのです。
時間の経過とともに抜けてしまう点は大きなデメリットと言えるでしょう。

定期的なメンテナンスが必要で人工毛植毛は意外とコストがかかる

前述のように、人工毛植毛はある程度時間が経つと抜けてしまいます。
定期的なメンテナンスが必要なうえにまた植毛しなければならないため、ランニングコストもかかります。
その都度、施術費用がかかる点も、中長期的に見ればデメリットです。

拒絶反応を起こし、痛みが発生することがある点もデメリットの一つ

人工毛植毛はナイロンやポリエステルなどの合成繊維を使用するため、個人差はありますが頭部が異物として拒絶反応を起こす可能性もあります。
中には術後、麻酔が切れてから耐えがたい痛みを感じる人もいるようです。
アレルギー反応とともに、トラブルのリスクがあることは、デメリットとしてあらかじめ留意してください。

人工毛植毛は切れ毛がおきたり炎症を起こしたりすることも

人工毛植毛は抜けやすい性質があるため、手術の際、抜けにくいよう普通の髪の毛よりももっと皮膚の奥深くに埋め込むのが一般的です。
その影響で、切れ毛が生じると皮膚の中に残ってしまうことがあり、そうなると簡単にその部分の毛を抜くことができなくなってしまうデメリットも。

結果として人工毛を埋めた所と皮膚との間に生じるすき間に汚れが溜まり、皮膚の奥深くに化膿などの炎症を起こす恐れがあるので、人工毛植毛はそういったリスクを踏まえた上でおこなうか決定した方がよいでしょう。

植毛と育毛の違い

ここで、「植毛」と「育毛」の違いについて書いておこうと思います。
似てるようで違うこの2つは以下のような違いがあります。

「育毛」とは

育毛は頭皮の環境を改善することで、自毛の発育を促すことを指します。
頭皮環境の改善は育毛剤を使用して改善していく、薄毛治療の一つなのです。

ただし、抜けて細胞が死んでしまった箇所に育毛剤を使用しても効果がありません。
そのため、薄毛予防として行うべき治療法です。

育毛剤の種類は多数あり、ドラッグストアなどでも簡単に入手できます。
しかし、AGA治療用として処方される育毛剤と市販の育毛剤を比較すると、やはり医療用の方が効果が高いようです。

満足のいく薄毛治療を実現するには、クリニックの見極めが大事

薄毛対策としては、従来からのカツラの着用や薬を使う方法が一般的でしたが、メンテナンスコストや通院、薬を処方してもらう継続的な費用負担が伴い、見た目の違和感や精神的・経済的の面から、誰にでもマッチするものとは言えません。
また、薬剤の服用ではなかなか目に見えた効果が得られない点も、利用をためらう要因として挙げられます。

その点、ランニングコストやメンテナンスコストもかからず、効果をすぐに実感でき、恒久的な薄毛対策として自毛植毛が注目されています。
しかしながら、生体移植である自毛植毛には何通りも施術方法があり、外科手術の高度なスキルも要求されるため、安心して任せられるクリニックの見極めが重要です。

ロボットを使ったドナー採取方法は質が悪く、傷の回復に時間がかかる

特にアメリカから伝わったロボットを使ったドナーの採取を行う施術方法では、費用は抑えられるものの、移植に日付が変わるほど長時間かかることもあり、クオリティもそれほど高くありません。
また、傷の回復にもやや時間がかかる点もマイナスポイントと言えるでしょう。

値段が高くても、FUT法よりも高度なFUE法をおこなうクリニックがおすすめ

同様に手術費用の安さを前面にアピールするクリニックは、自毛植毛の手法としては古い「FUT法」を採用している場合があります。

「自毛植毛」は生体移植であり、手術時間が短時間であればあるほど、生着率が高いと言われています。
特に多くの本数を移植するような場合は、身体的に負担も少なく、短時間で施術が完了する「FUE法」をがおすすめです。
FUT法と比較すると手間がかかるため10~20%割高ながら、入院の必要もなく、術後も周囲に気づかれにくい、クオリティの高い自毛植毛の手法として注目されています。

一方で、FUE法は毛根を壊さず、ギリギリの太さのパンチで採取するため、施術に手間がかかり、スキルも必要となるため、行っているクリニックはまだまだ少ないのが現状です。

東京・名古屋・大阪・福岡にクリニックを展開する親和クリニックは、実績やノウハウ豊富な外科出身の薄毛治療の専門ドクターで構成されており、看護師と一体となったチーム医療に定評があり、最先端の高度な高密度自毛植毛を行っています。
親和クリニックではFUE法のことを「MIRAI法」と独自の名称にしており、さらに刈り上げる必要がなく術後も周囲にバレにくい「NC-MIRAI法」もあります。

難易度が高く生着率が低いことから断るクリニックが多い、頭頂部の自毛植毛に関しても対応しています。
「NC-MIRAI法」を採り入れることで、他のクリニックでは真似できない「刈り上げない・バレにくい・日帰り施術」を実現した、親和クリニックに一度相談してみてはいかがでしょうか。